カンセイ・ド・アシヤ文化財団カンセイ・ド・アシヤ文化財団

2018年度フランス音楽コンクールにご応募の方・ご応募予定の方へ : 日仏音楽協会=関西事務局よりお知らせです(重要:会場練習スペースの件・本選後の受賞者発表レセプションについて)

2018年度フランス音楽コンクールにご応募の方・ご応募予定の方へ

 日仏音楽協会=関西事務局より、以下3点のお知らせです。

 

1)コンクール当日の、会場における練習室確保について→

既に7月27日付の、当サイト「新着情報」でお知らせしておりましたが、諸事情・諸条件を鑑みた結果、今年度については、コンクール会場内にて、まとまった時間使用可能な練習室・練習スペースの確保は難しいことがあらためて判明いたしました。申し訳ございません。

ただし、予選・本選共、出場者控え室および着替えスペースとなる会場1F(http://tmcj.jp/salon/)に、ホフマン・グランドピアノが1台あるため、このピアノをピアノ部門の方で希望者の方には、予選・本選共、10時から11時までになってしまいますが、希望者先着順で使っていただく、とし、声楽部門も同様に、12時から13時まで希望者先着順で使っていただく予定です(1Fの音はそのまま2Fのコンクール会場ホールへ抜けてしまいますので、11時にピアノ部門の演奏が始まると、1Fは練習に使えなくなります)。

【この、会場1Fのピアノを使いたい、という方は、応募時に、応募用紙の欄外にその旨明記をお願いします。※既にお申し込みを済ませた方で、使用希望申込をされたい場合、お手数ですが、改めて、stanzi@chive.ocn.ne.jpまでご連絡くださいませ。この申込順を先着順、とみなさせていただきます。人数の多少によって、1名あたりに充てられる時間が変わってきますので、申込締切後、希望人数確定した時点で、メールかお電話で持ち時間と使用可能時間帯をお知らせいたします)なお、使用希望は予選日のみについてお書き下さい。本選日の使用については予選結果が出てから改めてご希望をお聞きし、調整させていただきます。】

そして、ピアノ、声楽とも、本選では、ご希望の方には、審査直前にはなりますが、会場ホールにて少しでもピアノの音出し、声出しができるように調整させていただきます。この点については、後日改めてご案内させていただきます。

 

なお、まとまった時間、使えるリハーサルスペースを必ず確保したい、という方には、次の各エリアにはヤマハ・ミュージックをはじめ、各種楽器専門店等多く、リハーサルスペースを持っているところも少なくないと思われますので、恐れ入りますが、各自でお問い合わせ等いただけましたら幸いです(会場から公共交通機関使用を含めて30分以内の距離にあるエリアとしては、JR「新大阪」、JR「大阪」、大阪メトロ・阪急・阪神「梅田」、JR「芦屋」、JR「三宮」、阪神・阪急「三ノ宮」などになります)。

 

2)11月17日本選後の受賞発表レセプションについて→

既にお知らせのとおり、今年度より、日程を改めての授賞式および受賞者発表演奏会を割愛いたします。

代わりに、11月17日の本選後に、会場近くにて受賞発表レセプションを開催いたします。

 

レセプション会場が決まりましたので、以下のとおりお知らせいたします。

リストランテ カルボナイア アルベルゴ

http://carbonaiaalbergo.com/

JR芦屋駅ビル(モンテメール)5Fにあります。

 

17日は、声楽部門の審議終了後、レセプションを

16時半から17時開始~18時半から19時頃終了を考えております。

 

本選出場者の皆さまは、全員、ピアノ部門・声楽部門共、各自、レセプション会場に、16時半にご参集いただきます

(本選出場者の方で、やむをえない事情で、受賞発表レセプションに出席せずお帰りになる場合、同日夜の、日仏音楽協会=関西@一般財団法人カンセイ・ド・アシヤ文化財団公式ウェブサイト(このサイトです)での発表をご覧いただいて結果確認、ということになります)。

早い時刻に出場・演奏が終わられた方には、まとまった時間お待ちいただくこととなり、恐れ入ります。近隣には落ち着いた雰囲気のカフェも複数ございますのと、駅前には「芦屋竹園ホテル」があり、カフェやラウンジもございますので、適宜お待ちいただけましたら幸いです。

レセプションには、各協賛団体・企業の方にもご出席をお願いする予定で、結果発表の後、受賞者の方と各賞ご提供の協賛団体・企業の方とのお顔合せ、ご挨拶となります(コンクール本選結果の正式通知は、後日本選出場者全員に郵便で送られます。各賞・賞品も基本的に郵送・あるいは宅配で受賞者に届けられます)。途中でお帰りになられるのも、ご随意でございます。なお、レセプション会場から、東海道新幹線(JR新大阪駅)までの所要時間目安はレセプション会場(エレベーターでJR芦屋駅コンコースへ直通します)を出られてからJR新大阪駅までは、新快速(15分に1本間隔で来ます)で直通ですので、会場から40分もあれば到着可能です。新神戸駅へも、同じくらいの所要時間ですが、三ノ宮駅で神戸市営地下鉄に乗り換えの必要があります。

 

3)コンクール当日の控え室・休憩場所について→
この度、会場スペースの都合により、控え室やお着替えに充てられる場所がかなり狭いものとなり、ご不便をおかけいたします。つきましては、遠方から来られて荷物が多い方や、狭い場所の控え室に長時間いるのは心身に負担である、等の出場者の方には、会場から徒歩7~8分ほど離れておりますが、コンクール後援機関である「カンセイ・ド・アシヤ文化財団」の事務所(ハイツ・タイプの集合住宅の1Fですが)がございますので、予選日・本選日共、そちらを解放し(スタッフを1名、常駐させます)、お荷物を置いていただいたり、休憩されること可能、としたいと思います。貴重品等のお預かりはできませんので、ご了承くださいませ。また、解放はコンクール開催中のみ、とさせていただきます(両日共、10時から16時半頃まで)。