カンセイ・ド・アシヤ文化財団

フランス音楽コンクールについて

フランス音楽コンクール

フランス音楽コンクールへの参加申し込みは必ず同時に審査料の納入を済ませてください。

趣意書

日仏音楽協会=関西は、関西でフランス音楽に対する人々の関心と理解を深め、より多くの人が優れたフランス音楽に触れる機会をつくりたい、という願いのもとに、1970年に設立されました。当時のフランス大使館文化部をはじめ、様々な行政機関や民間企業の後援や協賛をい ただいて、現在に至っています。

特に、当協会主催の「フランス音楽コンクール」(以下「当コンクール」)は、最も大きな活 動でもあり、従って、当コンクールには当協会の設立趣旨が色濃く反映されております。つまり、当コンクールに出場される方には、まずフランス音楽に対する敬意と愛情があり、自らの 演奏・研究活動を通してより多くの方にフランス音楽を広めていきたいという熱意を持っている、ということが前提として求められます。

これを受けて、当コンクールに応募希望の方は、以下の条件をご理解、ご承知の上応募されますようにお願い申し上げます。

  • 応募要項にある「参加資格」以外に、フランス音楽に対する敬意と愛情を持っていること、自らの演奏・研究活動を通してより多くの方にフランス音楽を広めていきたいという熱意を持っていることが前提となります。
  • 当コンクールはまた、より多くの方に優れたフランス音楽に触れる機会を提供する、という当協会の趣旨を体現するイベントでもあります(コンクールが全日程無料公開されるのも、このためです)。当コンクールに入賞・入選された方々におかれては、入賞・入選後に当協会主催のフランス音楽に関する催し物や演奏会への御出演依頼や、当協会を通しての音楽専門誌等からのインタビューの依頼などの可能性があるということをご承知おきください。むろん、そのような依頼があった際の諾否はご本人の自由におかれておりますが、できるだけご協力いただけましたら幸いです。

( 1 )出場資格

15歳以上の男女、 国籍を問わない。年齢上限なし。

( 2 )審査部門

本年度はピアノ・声楽。

( 3 )本年度の審査員

阿部 裕之(ピアニスト)
藤井 一興(作曲家・ピアニスト)
船岡 陽子(ピアニスト)
伊藤 曜子(ピアニスト)
野々下 由香里(声楽家)
武田 正雄(声楽家)
上村 京子(声楽家)
山中 信(声楽家)
    (順不同)

( 4 )本年度のオブザーバー

中村 浩子(声楽家・東京藝術大学名誉教授)

( 5 )本年度の課題曲

ピアノ

予選(2018年11月16日(金)

午前11時より)

1) Couperin: Les Barricades Mystérieuses
2) Chabrier: Scherzo-Valse
3) Ravel: 1er mouvement de la Sonatine
※これら3曲の演順は、上記のとおりでなくてもよい(演順の当日変更可)。

本選(2018年11月17日(土) 

午前11時より)

1) Fauré: 3ème Impromptu
2) Debussy: L’Isle joyeuse
3) Une oeuvre aux choix de candidat, qui n’excéde pas 10 minutes, 1 morceaux ou plusieurs parmi les compositeurs suivants: Poulenc, Dutilleux, Messiaen, Boulez.
※これら3曲の演順は、上記のとおりでなくてもよい(演順の当日変更可)。

声楽

予選(2018年11月

16日(金)

午後1時より)

I)Gabriel Fauréの歌曲より任意の曲を1曲選ぶこと
II) フランス・オペラのアリア、またはオラトリオより任意の曲を1曲選ぶこと。 但し、以上の2曲で12分以内であること。また、演順は、I.II.の変更不可。

本選(2018年11月

17日(土) 

午後1時より)

Ⅰ) フランス歌曲より任意の曲を3曲選ぶこと
但し、 ① この3曲は2人以上の作曲家であること
② 第1次で選んだ曲は除くこと
③ 以上の3曲で約15分以内であること
※ プログラムは申込みの時、予選・本選の分を同時に提出すること
※ いずれもフランス語にて歌い、 伴奏者は同伴のこと
歌詞 (テキスト)がフランス語であってもフランス歌曲とは認められない場合があります。  ご自身で判断がつかない場合、事前に事務局までお問い合わせいただくことは可能です。
※ これら3曲の演順は、申込書に書いた順で確定とし、変更不可。

( 6 )審査日時

ピアノ     第1次(予選)……2018年11月16日(金) 午前11時より
声 楽     第1次(予選)……2018年11月16日(金) 午後1時より

ピアノ     第2次(本選)……2018年11月17日(土)午前11時より
声 楽     第2次(本選)……2018年11月17日(土)午後1時より

両日とも、無料公開。どなたでもご来聴いただけます(会場の収容人数を超えた場合は、先着順となりますのでご了承下さい)。
これまでは金・土・日の3日間開催でしたが、2018年度より、金・土の2日間開催となります。
なお、2018年度より、授賞式を土曜日の本選終了後に行い、これまで別日程で開催していた授賞式と演奏会は割愛いたします。17日本選を、プロカメラマンによる動画撮影予定。
入賞・入選者の動画については、ご本人の了承を得た上で、当協会ホームページ、およびYouTube等で公開させていただきます(動画の著作権は当協会に帰しますが、オーディション提出用や記録用等でご希望の場合、ご本人に動画データを差し上げることは可能です)。

( 7 )審査料

33,000円

( 8 )申込方法

申込書に必要事項を漏れなく記入の上、下記まで郵送のこと。
同時に、審査料を下記まで振込のこと。
必ず、申込時と同時に審査料の納入を済ませること。振込が確認できない場合、申込が完了しません。
振込確認後、申込書に記載の連絡先e-mallアドレス宛てに申込完了をe-mailでお知らせします。

申込書郵送先

〒659-0095 兵庫県芦屋市東芦屋町17-23-302
一般財団法人カンセイ・ド・アシヤ文化財団 気付 日仏音楽協会=関西 事務局

審査料振込先

ゆうちょ銀行 記号14120 番号41167761
日仏音楽協会=関西(ニチフツオンガクキョウカイイコールカンサイ)
※他金融機関より振込の場合、ゆうちょ銀行 店名 四一八(ヨンイチハチ)
店番号 418 普通口座 4116776

申込締切日

2018年11月9日 (金)必着(厳守)。

なお、過去に当協会主催フランス音楽コンクールでの入賞、 入選者は、各部門共、予選を免除されます。

(9)審査会場

The Music Center Japan 内 2Fホール (サロン クラシック)

〒659-0095 兵庫県芦屋市東芦屋町3-9
阪急「芦屋川」駅下車→東側へ徒歩2分 JR「芦屋」駅から徒歩7分
(JR「新大阪」駅よりJR「芦屋」駅までは、新快速で乗り換えなし、直通。所要時間は30分弱)

これまでは、大阪市東住吉区の関西ピアノ専門音楽学校内ショパン・ホールを使用していましたが、今年度は上記の会場となります。 なお、当コンクールについてのお問い合わせは、会場にではなく、当協会事務局までお願いいたします(事務局 山田 宛て:E-mail. stanzi@chive.ocn.ne.jp 直通携帯電話09039667205)。

(10)審査方法

審査員全員の協議による。

(11)審査結果

i ) 本選終了後、結果が出次第発表し、そのまま授賞式に移ります。後日、出場者全員に本人宛郵送で正式通知をお送りします。また、授賞式後、コンクール公式ウェブサイトにて、入賞・入選者一覧を掲示いたします。

i i ) 本年度の賞は下記の通り(2018年8月現在予定)。

稲畑賞:稲畑産業株式会社HP 賞状・賞金10万円 ( 1 名)
フランス大使賞 賞状( 1 名)
フランス総領事賞 賞状・賞品( 1 名)
日仏音楽協会=関西賞 賞状・賞金 5 万円( 1 名)
アンスティチュ・フランセ関西賞:アンスティチュ・フランセ関西 賞状・賞品( 1 名)
毎日放送賞 賞状・賞品( 1 名)
大阪日仏協会賞 賞状・賞品( 1 名)
山田 忍記念賞(ピアノ部門限定) 賞状・賞品( 1 名)
月刊「音楽現代」賞 賞状・賞品( 1 名)

なお、2018年度より、授賞式を土曜日の本選終了後に行い、これまで別日程で開催していた授賞式と演奏会は割愛いたします。17日本選を、プロカメラマンによる動画撮影予定。 入賞・入選者の動画については、ご本人の了承を得た上で、当協会ホームページ、およびYouTube等で公開させていただきます(動画の著作権は当協会に帰しますが、オーディション提出用や記録用等でご希望の場合、ご本人に動画データを差し上げることは可能です)。

申込用紙のダウンロード

申込用紙をダウンロードし、申し込みにご利用ください。
申し込みの際は必ず、審査料と記入済み申込書をセットで、お申し込みください。
エクセルファイルに直接入力してプリントアウト・郵送でも可。

エクセルファイルはこちらから、右クリックして [対象をファイルに保存] して下さい。

PDFファイルはこちらから、右クリックして [対象をファイルに保存] して下さい。

フランス音楽コンクールへの参加申し込みは必ず同時に審査料の納入を済ませてください。