カンセイ・ド・アシヤ文化財団カンセイ・ド・アシヤ文化財団

スギテツ結成15周年記念ツアー 6月9日 名古屋開幕公演!

おはようございます。

代表理事の山田です。

さて!いよいよ!「クラシックで笑顔をつくる」ピアノとヴァイオリンのデュオ「スギテツ」さんの、結成15周年記念ツアーが、この6月9日に名古屋・中電ホールにて開幕いたしました!

これから9月まで、全国9カ所(+追加公演1カ所)をツアー公演されるわけですが、そのファイナル公演が、当財団が主催させていただく「芦屋公演」(9/22〔日))になります。

思えば、去年の9月16日に神戸・六甲アイランドのオルビスホール(神戸ファッション美術館)でスギテツデュオにお越しいただき、財団設立記念イベントコンサートを開催して以来の御縁。今回、このように大きな節目となるツアーの、しかもファイナル公演の主催をお声がけいただいたことは、本当に嬉しく、かつ身の引き締まる思いです。今回は、スギテツデュオが東京フィルハーモニー交響楽団と共演しての新作アルバム「スギテツ・ウーノ・スケルツォ」のリリース記念でもあり、キングレコードさんやラジオ関西さんなど、本当に大きなところが後援で入ってくださっていて、これほど大きな規模の公演の主催は初めての当財団、準備の初期段階から、日々、貴重な勉強と経験をさせていただいているところです。

今日は、このツアー開幕公演の模様をほんの少しだけ、ご報告いたします(なんといっても、これからツアーが始まるところですから、いわゆる「ネタバレ」を控える、ということで)。

 

朝からの雨が上がった午後、新幹線で一路、名古屋へ。会場までタクシーのお世話になりましたが、この時の運転手さんとのやりとりで、スギテツデュオが、彼らがオフィスを構える名古屋でいかに知られ、愛されているかを知ることになりました。

「中電ホールまで?へえ、今日は何か催し物があるの?あそこは落語の会とかよくやってるけどね。古いけど、いいホールですよ」

「実は、今日、そこでスギテツさんのツアー開幕公演があるんです。スギテツさん、ご存じですか」

「えっ、スギテツ?もちろん知ってるよ!名古屋で知らん人はあまり居ないんじゃないかな。面白いよね~、ワシも好きよ。ラジオとかNHKのTVとかで聴いたりして。もう15年にもなるの~、へえー、そんなになるかな。昔から知ってる。いっつも、二人でね、黒の燕尾服でね。ピアノとバイオリンの。面白いよね~」

 

そして、会場に着いてからは、開場を待つお客様の長蛇の列、列、列!この日は完売御礼ということで、ホールは満席。

二時間にわたるステージは、名古屋フィルハーモニー交響楽団のメンバーも交えての豪華ラインナップ。新曲〔新ネタ?)も満載のプログラムを拝見しながら思ったことは、

「スギテツは、進化し続けている」。

去年のオルビスホールでのコンサートに寄せて、私は「音楽職人」という言葉でスギテツデュオを形容しましたが、この希代の音楽職人は、さらにセンスと技術を磨いて、確かな前進を、このツアー開幕公演で見せて、聴かせてくださいました。

以下、ネタバレ防止?を兼ねて、AM☆ZON.CO.JPネットストアでの「カスタマーQ&A」風に、お送りいたします。

 

Q. スギテツさんのステージ、生で聴くの、初めてなんですが、楽しめますか?

A. はい、絶対楽しめます。保証します。

 

Q. スギテツさんのステージ、昔からずっと行ってます。今回、ちょっと財布の中身がさびしくて、行くの、見送ろうかなーと思うんですが、後悔するでしょうか。

A. 絶対後悔するでしょう。昔から行っているなら、なおさらです。今回の彼らの「進化ぶり」はちょっと、すごいです。お友達から借金してでも行くことをお勧めします。

 

Q. 去年、オルビスホールのコンサートに行きました。2回目なら、内容かぶったりしてます?

A. いわゆる「鉄板メニュー」のヒット作品は今回も演奏されますが、それもまた「進化」しています。なにより、全体が去年よりもずっとパワーアップ、レベルアップしています!

 

Q. 去年、家族連れでオルビスホールに行きました。今回も、家族と一緒に行けますか。

A. 未就学のお子様には、恐れ入りますがご入場ご遠慮いただいておりますが、小学生以上のお子様でしたら、大丈夫です。今回もご家族皆さんで楽しんでいただけます。特にお子さんには、沢山の「ブラボー!」をステージに向かって叫んでくださるようお願いします。よろしければ、ぜひ「ブラボー隊長」にも立候補してください。

 

Q. 9/22って、お彼岸シーズンの最中ですよね。お墓参りとか、色々行事と重なるんですが。

A. たしかに。しかしながら、お墓参りを繰り上げ、繰り延べされてでも、ぜひお越しくださいませ。クラシック音楽に親しみのない方も、ある方も、分け隔て無く、皆さんが楽しんで一緒に笑顔になれる、このようなステージは、そうそうありません。現世の我々が笑顔でいることを、ご先祖さまもお望みだと思います。ぜひ、万障繰り合わせ、皆さまお誘い合せ、お越しくださいませ!

 

最後に、スギテツ・ファンの有志の皆様の御厚意でいただいたお写真から、2枚ご披露いたします。

名古屋公演終演後の、スギテツデュオのお二人。2点とも、向かって左がヴァイオリンの岡田 鉄平さん、右がピアノと編曲の杉浦 哲郎さん。超多忙スケジュールの中、この大きなステージを無事終えて、どこかホッとした表情のお二人。ちなみに、杉浦氏が頭に巻いているのは、今回のツアーグッズの一つ、「スギテツてぬぐい」、右側の写真の杉浦氏は「エアギター」をやっておられる最中のショットだそうです。

 

9/22 ツアーファイナル 芦屋公演の財団先行販売は、この後間もなく!6/11 朝10時からです!

詳しくはこちら⇒ 財団先行販売のご案内

 

また、お立ち寄りくださいませ。

 

P.S. お分かりになる人には分かる、トリビアな話題を一つ。

帰りの新幹線は、この席にしました。↓

そう、「20番のD」です〔笑)。

本当に、楽&便利でした!